point

解体工事のポイント

神奈川県藤沢市のMDC工業は戸建てを中心に家屋解体工事を手掛ける会社です。
品質の高い工事のご提供はもちろん、お客様目線でコストのご相談などにも積極的に応じております。
いかにしてコストを抑えるか、お客様と一緒になって考えさせていただきますので、
お困りの際はお気軽に弊社までご相談ください。

POINT 1中間マージンを抑える

解体費用を抑えるためには、余分な中間マージンをできるだけカットすることが好ましいです。ご依頼時に中間業者を挟んでしまうと、その分余分な費用がかかってしまいますので気をつけましょう。
解体業者に直接のご依頼をいただくことで、場合によっては2割から3割程度も費用を安く抑えることが可能です。コストを抑えた解体工事をご希望のお客様は、ぜひMDC工業までお気軽にご連絡ください。

POINT 2解体と合わせてできる工事で節約

解体工事をおこなう場合、その他の工事を並行して施工することで、費用を安くすることも可能です。たとえば工事によっては重機類や搬入車両などを兼用して使用できることもあります。
それぞれ別途に依頼すると、重複して費用が掛かってしまいますので不経済です。解体工事と合わせておこなえる工事であるかどうかお問い合わせいただければ、弊社から適切なアドバイスをさせていただきます。

POINT 3不用品は事前に処分

解体工事の費用には解体そのものに対して掛かる費用と、工事の際に発生した各種の廃棄物を処分するための費用が含まれています。
業者が廃棄物を処分した場合、そのすべてが産業廃棄物の扱いになってしまい、通常よりも高額の処分費用が掛かってしまうのです。したがって、小型の家具や寝具など、ご自身で処分できるものはできるだけ事前に処分しておいていただくと、その分トータルでの費用を安く抑えることができます。

  • 家具
  • 電化製品
  • 寝具
  • 一般ごみ
knack

解体業者を選ぶコツ

KNACK 1依頼の少ない月を狙ってお得に!

解体工事にも多くの業種と同じく、繁忙期と閑散期があります。工事そのものは通年おこなわれますが、やはり閑散期には解体費用を通常よりも安くご提供できるケースも多々ありますので、できるだけコストを抑えたいとお考えのお客様は閑散期のご依頼がおすすめです。
一般的に2月や9月などは比較的依頼が少なく、お得な料金でお受けできる可能性が高くなっております。まずはMDC工業までお問い合わせください。

KNACK 2どうして依頼が少ないと費用が安くなるの?

どうして依頼の少ない月には解体費用が安くなるのだろう?と疑問に思われるお客様も多いかもしれません。これは解体業界の古くからの習慣により、仕事の請け方や経費の変動が解体費用を決める上で大きく関係しているからです。
慣例のようになってしまっているため、これを個人の一解体業者が改変することはできません。また、業者としてはやはりスケジュールの空きを作りたくないというのも理由のひとつとなっています。

  • REASON 1

    解体業者の予定に合わせるとお得です

    ご依頼をいただく際に「解体業者の予定に合わせる」との旨をお伝えいただくと、費用を抑えられる場合がございます。
    これは解体業者の心情として、多少利益を減らしてでも、スケジュールの空きを埋めたいとの思いがあるからです。

  • REASON 2

    解体費用の約4割が廃棄物の処分費用

    解体費用に含まれている産業廃棄物の処分費用は、実は全体の4割ほども占めています。廃棄物処理業者の繁忙期には、廃棄物の処分費用も高額になってしまうため、必然的に解体業者の費用も高くなるという事情があります。

  • REASON 3

    廃棄物が分別されていないと高くなる

    廃棄物が分別されていない場合、手作業による分別か埋め立て処理になるため、通常よりも費用が掛かります。また、繁忙期には処理場が一杯になって遠方の処理場を利用するケースもあり、その場合も通常より費用がかさんでしまいます。

case

追加で費用が掛かるケース

CASE 1解体工事中の地中障害物の発見

解体工事の施工中に、地中から何らかの障害物(地中障害物)が出てきた場合、追加での撤去処理費用が必要となってしまいます。地中障害物とは浄化槽やゴミなど、家の基礎以外のもののことです。
MDC工業ではこれらの地中障害物が発見された場合、まずお客様にご連絡をし、ご確認いただいた上で、処分させていただきますのでご了承ください。

  • 家具
  • 電化製品
  • 寝具
  • 一般ごみ